タカミ(Takamitechnos)

記事一覧(19)

MOZ620LightZEROシリーズについて(西岡氏)

ついにデビューとなった、MOZ right zeroシリーズ自分が持っている1 2 3番の使用感、合わせるジグの基準を書かせてもらいたいと思います。MOZ LMとの大きな違いは、非常に繊細なティップを持ちつつも ベリーで優しく止まる点がある事でしょうかこのとまる点が俊作でベリーがガチガチに硬く パシン! と返す点じゃなく もう一つ重たいジグをシャクったり 魚のテンションを そこにかけた時にもう一つ曲がりこむ。 とまる点を持ちつつもとまりすぎない点がある事が 自分は感動物でした。竿の特徴は、追々紹介させてもらうとして今回はzeroの購入を考えているけど、固さのイメージがわからない方に自分が使った感覚で合わせるジグの基準を書かせてもらいますジグは自分が使っているマリンベイトのジグで書かせてもらいますZero1番 とっても柔らかい竿ですが、MOZ特有の自力のある反発力で意外な程、シャクれるジグに幅があります。引く釣りを得意にしつつも、優しくジグを持ち上げて潮に乗せていく釣りに彗星100~150g 烈風改100g 良い使用感でしたタイラバも得意な番手になります。テンションをかけられるベリーが機能しつつも、魚が首をふった時にバレそうな嫌な感じがまったくなく、魚の首降りを竿が吸収してくれます。Zero2番極光100g 、桜花リボーン100g 、彗星180g島根海域、シャクる釣りの超基準!松山沖のクログチ、島根150mラインタヌキメバル、アラ狙いにも良さそうです非常に抜ける感覚よくイージーに魚が掛かってきてくれます!Zero3番極光150g、桜花リボーン100~150g、彗星220g島根海域 リボーンを飛ばしながら浮いたハタ類、イサキ、キントキなんかを釣るのが得意。松山海域ではリボーン150gを合わせた青物つりで大活躍してくれました魚を受けられる点が抜群に機能してくれるので かなり引きの強い松山沖のメジロサイズまでを積極的に浮かせてこれました。合わせるジグの基準を書かせてもらいましたがあくまで基準その基準にジグの重さを変えて、種類を変えて竿の抜け感を魚に合わせていく感じですご参考までに(^^)

10月 松山沖 クログチ

TARGET: クログチ ハマチFIELD: 愛媛県松山沖ROD:MOZ2番LM 522プロトHOOK: ロペラREEL:オシアジガー1501HGLINE(lb):PE1.5号ジグ クログチ狙い  彗星180 220g   ハマチ狙い  極光200g松山沖 100~170m ラインで、クログチを狙ってきました。例年だと夏場、水温が上がると喰わなくなり、10月に入り水温が下がると喰い出すそうですクログチ狙いを得意とする、しおさい丸も秋シーズンのクログチは初出船となり、魚を探しながらの釣りになりました。ヒットジグは引っ張るアクションを得意とする彗星220g、よく動いて水を押すジグなので、彗星を暴れさせすぎない 竿のチョイスも大切になります今回は、MOZ2番LMが良い感覚で使えましたMOZの特徴として、自力で竿が綺麗にお辞儀する復元力があると思います初めてMOZを使われる方は、自分が思うところの一番手柔らかい番手を使ってみてもいいかもしれません今までの竿の感覚で、今回やった水深、ジグから番手を考えると自分は3番クラスを使いたがると思いすが、MOZでは2番です楽しい竿です!クログチが状況厳しく、後半はハマチを狙いましたが、こちらは、今までの苦戦が嘘のように3キロくらいまでのハマチが入れ食いでしたいよいよ生産間近となった、MOZ522プロトを使用しましたが、 レスポンスの良さ、手返しの良さ、強力な破談強度圧倒的なアドバンテージがあるように感じました。

4月 四国足摺 ハガツオ

4月 松山沖 クログチ

4月 対馬 ヒラマサ

4月 26〜27日海域:対馬 豆酘崎 周辺海域魚種:ヒラマサ ジギング&キャスティング水深:90〜25mジギングタックルロッド:タカミテクノス QED666リール:ソルティガ4500PE : よつあみオッズポート 6号リーダー: よつあみ アブソーバー100lb.フック: ソルティガ アシストフックSS 5/0ジグ: ロッツオブアート マドリー 165g 110gキャスティングタックルロッド:カーペンター BLC 84/25リール:ステラSW14000XGPE : よつあみ オッズポート8号リーダー: プロセレ ナノダックス170lb.ルアー: ハンマーヘッド チェリーパイ180毎年通っている対馬海域に3回目の予約でやっと釣行できました春先は対馬南部は南風が絡むと時化るので中々予定通り釣行できずに悩まされます今回は時化後の釣行だったのですが時化前は10キロオーバーのヒラマサがよくあたってたとの事でジギングタックルもかなり無理したラインシステムにて挑みました※ガイド壊してしまう恐れありますのでプチキャストやロッドを立てたりするのはオススメできませんが試験的にチャレンジしてみました初日は若潮下げからのスタートでしたがベタ凪&ほぼ無風で潮は0.3ノット!泣けます朝一キャスティングするも魚が着かない潮交わしまでジグをひたすらしゃくるも潮が無いので心が折れますやっとのアタリは良型アコウでした船長もポイントをあちこち回ってもらいましたが釣れてもワラサが遊んでくれる位夕方の潮交わし瀬周りに潮目が僅かに出来た場所でモワッと魚が着いたな?って瞬間に気持ち良く出てくれたヒラマサは12.8キロ!潮は0.7ノットでしたその後スーパーワラサボイルが発生!1000は居る?って群れが複数発生でワラサ連発!ワラサ多数ヒラゴを2追加する地合いが終わり初日終了2日目は朝から西風が強く予報ってあてにならないと感じながらも出船しましたが沖はなかなかのウネリ瀬周りに近づけないので沖でジギングスタート昨日と違って潮がぶっ飛びで風も合わせて2ノット越え!泣けます!水深90メートルスタート!電動ジギング3人がヒラゴ連発!スピニング隊はワラサ連発!電動でアタリがある水深をワラサを引き離すようなイメージで狙いヒラゴ釣る事が出来ました午後はポイントが沈黙して風とウネリで他のポイント回れず上がりましたが次の日は夕方良い釣果も上がったみたいですので夢のある海域だとつくづく感じます。